こんばんは

脇田です。

おかでさまでGW前の4月はとっても忙しくさせて頂いており、ありがたい限りです。
ホントに皆様毎度のご利用ありがとうございます

当店のGW休業は5/2~5/5の4日間とさせて頂きます。
それまでの車検、点検、カスタム等はもうパンパン・・
それでもGWは愛機でどっかーん
と、遊びに行きたいですもんね。
納車整備もギリまでビチビチに詰め込んで・・
スタッフ総動員
踏ん張りどころでございます_(._.)_ 


そんな4月

ただ今 YZF-R6/2017年モデルの先行予約期間となっております。


2006年以来の大幅な変更でスーパーカッコよくなったR6。

どれぐらい入ってくるんでしょーかねー
やっぱ足んないですかね?
そんなに売れる?600。

やっぱり1000ccだねー

600ccで¥1.450.000-?
高くね?

エンジンあんまり変わってなくない?

色々考えちゃいます(・・;)

2008年モデルのR6ユーザーの私からしますと。

値段は高いっす

速いのはやっぱ1000ccっす

クロスプレーンでもナイすね。

それでもやっぱり

600に惹かれます。

2006年モデルのフルモデルチェンジのあの時から

お尻がツンと上がって

エンジンはキンキンに回って

ダラダラ流して乗ることを許さないハンドリングで。

ヤマハのサーキットマインドがぶち込まれて。

造りたいモン造りました。

数?

売れない?

でもコレ

尖ってるでしょ?

突き抜けてるっしょ?

ヤリすぎですか?

よければどうぞ。



超べっぴん。

キツメのフェイスにアップアップのヒップ。

私、それら全てにヤラれて今に至ります。

なので

R6がモデルチェンジ。

一見して満足。

否定のしようがありません。

他のメーカーさんはさーっとフェイドアウトしている600ccスーパースポーツ。

逃げないヤマハ。

新しいところ

不変的なところ

捉えどころの外れナシ

そこにブレなし。

大きく変えてないエンジン。

そこは絶対。

キーーーーーーん

って

回って欲しいすもん、やっぱり。

そして

R1のパクリと言われたデザイン(笑)

パクリではナイす。

同系統♪

顔全然チャイますもん。

でっかくてナマズ顔。

コレ好きっす。

ようするに

私がR6否定する事はナイと(笑)

ここまで書いといてまーまー役立たずのレビューでした。

機能的な変更と説明ほとんどしてませんし・・(・・;)

ほんとスイマセンm(__)m

でもね

やっぱ大事なのはフィーリングっす。

ぱっと目に入って

うわ

めっちゃカワイイあの子!

マヂかー

っていう思春期の青い感じ・・

ソレです

どんどん訳わかんなくなりますね(笑)

ご来店頂いたらもっとちゃんと喋ります。

超話長いっすケド・・

それでは

R6らしさの表現に成功している動画でお別れです。

どっかのサーキット1周してるだけ。



キーーーーーーン

パーーン
パン
パン
パーーーーーーーン

キーーーン

キーーーン

キーーーーーーーン

この繰り返し(笑)

もーサイコーす。

すでにご予約頂いている男前な皆さま。

もうしばらくお待ちくださいませ。

スーパーモデル級の磐田産600ccをお届けします♪

そして

追加のご注文も

お待ちしております♪