こんば​​んはー

 
脇田です。

​​​​​
昨日はやっつけBlogにて失礼しました。
 
 
我々のお仕事は日々たくさんのバイクに触れます。


IMG_0768
IMG_0683

 
メンテナンス途中に

 
おっ

 
ほほう

 
等と手が止まる事が少なくありません。

 
少しの違いや、物珍しい造り込みに、しっかり反応できる感度は備えております。

 
そしてこの度のR1。

 
まずはノーマルホイールからタイヤを取り外しまして

 
右手にノーマルホイール。
 
IMG_0915


左手にGASS RSAホイール。

 
IMG_0863



お互いめちゃめちゃ軽い。

 
片方がノーマルとは思えない重量です。

 
そんなノーマル。

 
アルミ鍛造のリプレイスホイールへの交換作業なので、主役はもちろんOZ・GASS RSAホイールなのですが、R1ともなれば、ノーマルでも素通り出来ない造り込みとなります。

 
素材からマグネシウムですし(・o・)

 
表から見えないホイールの裏。

 
強度に影響が出ないキワキワまで、丸く無数に肉抜きしてございます。



IMG_0916
IMG_0917

 
見た目にとても解り易いのですが、これがなかなか出来ない軽量化です。

 
R1のノーマルホイールは、スポークデザインがとっても凡庸でマグネシウムの割に少し淋しく感じるのは
 私だけではないでしょう。

 
そこで、見えないホイール裏での超ストイックなこちらの造り込みを目の当たりにすることで、

 
やっぱりR1と。

 
腑に落ちてしまうはずです。

 
でも

 
今回は交換しちゃいました。


どえらい方がいるもんです(・∀・)

 
そしてローター取付ボルト。
 

こちらはリア。
 
IMG_0938


ヤマハにおいては至って普通のローターボルトです。

 
そしてフロント。


IMG_0937

 
細っ

 
R1は200馬力で1000cc。

 
そのエネルギーを受け、バイクを止めるディスクローター。

 
そちらの取付ボルトがネジ径6mm。

 
ここまで細いのは初めてです。

 
リアはセオリー通りに8mmでした。

 
こうなると締付トルクも18Nm(OZ指定)となり、改めてネジは強く締めりゃよいってものではなく

 
安全の担保さえ取れていれば、そのマージン設定のギリギリ見据えて、


より軽く。

 
という開発陣によるコンセプトの徹底に関心しました。

 
優れたモデルは、分解整備時に造り手の熱量を感じる事が出来ます。

 
得ですね我々(^o^)
 

とりあえず


今回はノーマルどんだけ褒めても交換は交換です。

 
そんなR1のノーマルホイールを躊躇なくアルミホイールへスイッチしてしまうお得意様。

 
侍っすね


はっきり言って。


間違いありません。


漢にも程があります。

 
カッチョいーなー

 
ホイールもオーナーさんも。

 
Wさんこの度もありがとうございましたm(__)m



IMG_0920
FullSizeRender

IMG_0925

 
またインプレお聞かせください。

 
では

 
明日はお休み定休日です。

 
今週もたくさんのご利用ありがとうございましたー


 
木曜からまたたくさんのご来店お待ちしておりまっすm(__)m