おはようございます

並河です。

本日は、Ténéré700君についてもうチョット

夢を語ろうと思います。
DSC_1647
今、YAMAHAで最もHOTなTénéré700 

語るに不可欠なフレーズが

“ADVENTURE”

簡単に言えば”冒険”

私流に言うと ”挑戦”ってヤツですかねっ

単純に形はオフロードの雰囲気で、性能的にはオンロードバイクです

という「ニセモノ[・・・・]」ではなく「オンロード:オフロード=1:9」位の割合で

本物を造りたかったんです って開発ヒストリーに載ってましたが

https://www.yamaha-motor.co.jp/mc/lineup/tenere700/story.html

このバイクで日本の何処走るネン

ハイ、同感!

こんなバイク、PVに出て来る

アフリカとかアメリカそしてヨーロッパしか走るとこないやんけ

ハイ、同感!!

何より、シート高すぎて足とどかんし今時、前後チューブって

更に最低ABS付けるんやったらトラコン付たれや

ハイ、同感!!!

そんなアナタ 結構熱くTénéré700君の事語ってますよ

そうなんです、この“ADVENTURE”ってフレーズ結構

色々な人達を熱くさせる魔力を持ってるみたいです。

そもそも、このTénéré700相当な“ADVENTURE”魂

持ちあわせてる人でないと選んでもらえない車両の様な気が・・・
DSC_1641

バイクの楽しみ方は人それぞれYAMAHAも皆様のバイクライフに

合わせた商品を日々開発・チャレンジを続けてくれてます

tenere700_story_img01_01[1]

「軽くて、ワクワクでき、世界のどこかに、いつかは行けるという

夢を持つことができるバイク」

これこそがTénéré700の原点

tenere700_index_gallery_2020_004[1]
カテゴリーは完璧オフロードバイク


tenere700_gallery_001_2020_007s

が、しかしこんな所に止まってても何ら違和感が無い

どちらかと言うとちょっと オシャン (o^∇^o)ノ

人気の映画「ワイルドスピード・MEGA MAX 」で

ホブス捜査官が乗ってたこの車
P1120517
Ténéré700との共通点、「これで、どこ走るん」

でもこの車、欲しくないですか

「コンクエスト ナイトXV」  価格5000万円 

「Ténéré700」 価格115万円

両方とも1台で世界中どこにでも行けちゃいます

「行きたい!」って思ったアナタ

Ténéré700は、お任せ下さい。