こんばんはー
ワキタです(・ω・)

先日北米での先行リリースをご紹介しました2021・オフロードコンペモデル。
あれはイカした動画を見てもらいたかっただけってとこが大きかったのですが、今回はいよいよ国内リリース。

FullSizeRender


https://global.yamaha-motor.com/jp/news/2020/0730/yz450fx.html#_ga=2.253227529.1418361271.1596378340-1266976997.1596378340

イイっすね、アオとクロ。
シロがクロに変わっただけでとってもシャープに見えます。
あくまでも印象の問題ですが、アオ/シロからアオ/クロへの変更はヤマハにとってはデカいすよね。
イメージ的に。
いかんせんストイックでエキセントリックななモデル達なので、右から左にぼこぼこ売れる訳ではありません。
許された精鋭のみ手に入れることができるマシンです。

何に許されるかは自分次第なんですけどね(・ω・)

許されてる気がする方は迷う必要はありません。
コンペモデルはオーダー期間が設けられていて、気付けば買い逃しなんてこともあったりします。
現在絶賛オーダー期間の真っただ中でございます。

FullSizeRender


はーカッコイイすね。
何度見てもレーサーが美しいのは保安部品の類が惜しみなく切り取られてるからですね。
足したり変えたりではなく、削ぎ落すことでデザインの強度が増すところはレーサーならでは。

そのアングルから語ってしまうと公道走行が可能な市販車は、デザインにおいてもレーサーに敵わないとも言えます。

いやいや、だからR1とR6のフロントフェイスの功績が特異点で・・
ハイ
長くなるのでやめときます(・ω・)

本日もやることが多過ぎて、手あたり次第に丁寧に高回転中なのですが、ありがたいことに営業中は見積やら問い合わせやらでお預かりの修理、カスタムについては一向に前進しておりません。

IMG_3237

そして帰れませんとなる連休前夜。
とりあえず週末まではこの調子ですね。
コロナの禍中にありがた過ぎます。

でわ
もーちょい頑張ります。
本日もおつかれさまでした_(._.)_