こんばんはー
ワキタです(。-∀-。)

本日は月イチの連休初日。
年イチか半年に1度の割合で、脇田家では夫婦で近所の観光地に出向き、銭湯でお風呂に入って、その近所の立ち飲み屋で飲んで帰るというイベントが行われます。

本日はそのイベント開催日。

今回は伏見稲荷に行って、京都駅付近の銭湯を経由して、近所の立ち飲み屋さんで昼間っから飲んで帰るといういつもどおりのプランです。

image


前回は2月に大阪城に行き、京橋の銭湯からの近所の立ち飲み屋という全く同じ行程でした。

image
image
image
image
image


そん時は大阪城の壮大さにひっくり返りましたねー
今更ですが、スゴいっすね大阪城って。
堀もでかいし壁は高いしで、ようこんなもん作ったなと、こんな城でも陥ちるんかと。
歴史の浪漫に打ちひしがれました。

image
image


意外と行くことないんですが、わざわざ行く価値ありますよ大阪城。
是非。

そん時は全行程で25キロくらいで、本日は伏見稲荷の散策込みで35キロでした。

そうそう
脇田夫婦は観光地までは走って行きます。
ランニングっすね。

image

アホですね。

しかし、そのおかげでお風呂はサイコーに気持ち良いし、その後のビールはめちゃくちゃ美味いと。

車やバイクだと飲めませんしね。

そこで電車・バスではなく自力で走って行くあたりが他とは違う我が夫婦の壊れた点です(笑)

そういえば昨年の神戸編は40キロオーバーでした。

なので本日は出発前から楽勝モード。

のんびり走って伏見稲荷到着。
こちらも初見です。

image
image


関西に住んでる以上は千本鳥居くぐっとかんと勿体ないすよね。

我々夫婦は壊れてるんで、延々歩いて階段登ったり下ったりは気になんないですが、普段運動してない方からすると、途中で辞めたくなるくらいのストレスがかかる道のりでした。

image
image
(我慢しきれず乾杯)

ようやく山頂。

image


特に何も無し(笑)

おいっ

て感じっす。

頑張ってここまで来て、これかーいって
みんな思うでしょーね。
しかしそれも行ってナンボなんで楽しいことに変わりありません。

大阪城程の感動はありませんでしたが、課題クリアした感は充分。

そしてお風呂屋さんへ。

image


こちらの「梅湯」さん

当たりでしたねー

昔ながらのオーソドックスな銭湯ですが、どうやら経営者が若い方に変わり、色んな施策を試しているお風呂屋さんでした。

とりあえずタトゥーはヒャクパーフリーで、バリバリ和彫りのお兄さんがいたと思えば、全身彫りまくりのお兄さんもウロウロしている軽犯罪率爆上がり(偏見)の異空間でした。(ウソですよ♪)

しかし、それもそのはずで2階にタトゥースタジオがあり、タトゥー文化との距離感がやたらと近いお風呂屋さんだったと。
最近主流のスーパー銭湯さんなどとは真逆の価値観を持っているところが面白くて、経営者が若いおかげで若いお客さんも多く、至る所に同世代他業種の広告や、フリーペーパーがあり、とても生命力に溢れた空間でした。
基本はめっちゃ普通の銭湯です。
なかでも月2回ほど発行しているスタッフ編集の梅湯通信という超雑談誌がお風呂に貼ってあって、それがとても微笑ましくお店の雰囲気が掴みやすい仕上がりで関心しました(。-∀-。)

という訳で立ち飲み屋さんのお話はまた次回で。

image



本日も誰が興味あんねんという内容で申し訳ありません。

たまにこうなっちゃうんすよね、どうしても。

でわ

おやすみなさーい♪