こんばんはー

ワキタです。


それにしてもいきなり寒くなってきましたね。


日毎に昼夜に寒暖差バリバリなんで、暑過ぎくらいが丁度良いと思える準備に追われる日々です。


寒いのとにかくイヤなんす(。-∀-。)


暑過ぎた今年の8月は


早く冬になれー


と、自称夏好きの寒がりである僕がバグる程の暑さ(゚ロ゚;)


しかし、この度ちょっと寒くなっただけで冬を恐れる僕の中の寒がりチキンが目を覚ましました。


夏よ来い(。-∀-。)


しばらくは、今日からパッチ履くかなー


のタイミングを窺う毎日となりそうです。

 
そしてただ今秋のツーリングシーズン真っ最中♪


皆さん方々へ遊びに行ってるお話も耳にします。

今週末はお得意さまが YAMAHAの拠点である磐田に突撃予定。


堂々と他メーカー車で磐田入りを目論む方もいらっしゃいます。


全然オッケーす(・∀・)

オラオラで楽しんで来て下さい♪

そんな本日の宿題は昭和モデルのメンテナンス。


image



image


お預かりしている車両は年式こそ平成ですが、そのモデルが誕生したのはバリバリの昭和。

佇まいからして現代のマシンには備わりようのない「格」を感じます。


なんていうか、イイ匂いするんですよね。 

今となってはデカさも重さも愛嬌にしか見えません。

昭和なモデルと高性能・高機能化が止まらない現行モデルを相対化することで、それぞれの今の価値に気付くことが出来ます。

良し悪しではなく好き嫌いで割り切れるところが、バイクのそれらしさです。

僕は今のヤマハが繰り出す製品に、いちいち惹かれることが多いので、どっちかというとそっち側。

しかし、こちらもバイク屋さん的特権により、昭和クサい面白バイクに触れることも多く、定期的に昭和オーセンティックにトロけたり出来ます。


image

image


かなり頻度は落ちましたけどね。

でわ

明日はお休み定休日でございます。
今週もたくさんのご利用ありがとうございましたっ。

また木曜日からがっつりご利用ください。お待ちしております♪


image